シフル2号店 シフルカシェオープン! オープンまでのあれこれ そのろく

  • 2018.04.24 Tuesday
  • 12:00


スーパー大工、魔法を使うの巻


さて、今の台所を、飲食店営業許可の下りる厨房に変身させる方法として、通常考えられるのは、次のようなプロセスです。


1 シングルシンクのシステムキッチンを撤去し、業務用のダブルシンクとガス台を設置する。


2.厨房周りに壁を設置


3.厨房の床材を剥離。床に排水設備を施工(下水工事)。床材を排水できるものに変え、勾配をとる。


はい。ざっくり数百万仕事ですね。


それより何より、いくらおおらかな家主さんだからって、

こんなん賃貸でOK出るはずない。


そこで、「秘策」という名の無茶振りが始まります。



「まずですね、壁の代わりに、カウンター設置します。こんな感じで(写真を見せる)」

「はい、わかりました」


「そんで、床はそのままで、上に、数センチあげてもう一個床作って、それを撥水素材にします」

「はい、わかりました」


「で、その排水なんですけど、この、洗濯機置場あるじゃないですか。ここに排水穴ついてるので、ここに流せる仕様にします」

「はい、わかりました」


「さらに、この排水穴分岐させて、洗濯機用の水道付いてるじゃないですか、ここにシンクつけて、手洗い設置します」

「はい、わかりました」


「製氷機とか業務用冷蔵庫の排水も、この洗濯機のを使ってください」

「はい、わかりました」


「で、シンクの横の壁を撤去して、ここに、あの庭に置いてるBBQ用のミニシンク、あれを置いてください。それでシンクが二つになるので」

「はい、わかりました」

(この壁は、畳くらいの大きさのコンパネにスタンダードな壁紙を貼っただけなので、いかようにも再現は可能)


一度も「え、ちょ、ちょっと待てよ」と口を挟むことなく、ずぶずぶに受け入れるスーパー大工の包容力。


「…と、こんな感じでお願いしたいんですが、ぶっちゃけどれくらいかかるんでしょう?

イレギュラーな工事なので、全然想像つかないんですが…」


おそるおそる尋ねると、M山さん、にっこり微笑み、

「いや、簡単な工事なんで、そんなにかからないですよ」


神!!

ここに神がいた!!!



M山さんからいただいた施工図は

寡黙なM山さんらしく、ものすごーく簡潔なもので

(この辺にカウンター置きます。

そんでこの中は床のレベル上げます。みたいな。)、

「何が何だかさっぱり想像がつかない」と

家主さんも不動産屋さんも首をひねったのですが、

とにかく、こちらサイドとM山さんの中にはぴかぴかの完成図が想定できている状態で、

「いや、大丈夫です。あるものを動かし、なかったものを足しただけの状態なので、

完璧に元に戻せます」と説得して、

ついに、契約成立と相成ったのでした。


つづく。









コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM