シフル流・アイスティーの入れ方

  • 2016.09.18 Sunday
  • 12:15

きクリームダウンしない・澄み切ったアイスティーをき

 

アイスティーは、じわじわ冷やすと「クリームダウン」と言って、

紅茶が白く濁ってしまう現象が起こりがちですね。

澄み切って冷え冷えのおいしいアイスティー、スタッフT流の入れ方です。

(洗い物がものすごく増えるのでけっこう大変なやつです…泣き

 

 1)まず、ティーポットを用意します。

   シフルでは、1杯のアイスティーを入れるのに、

   ティーポットを3つ使います。

 1つめジャンピングポット

    茶こしが注ぎ口に着いていて、

    全体で茶葉が自由におどるタイプのポット。

    ホットより濃いめに紅茶を作っています。

 2つめ・3つめ 

  氷をいっぱいに入れています。

  氷は、いったんできた氷を更に温度低めの冷凍庫冷やして

  ぎゅっと締めています。

 

 2)1つめのポットで作った紅茶を、

  2つめのポットに注ぎ入れます。

  氷に当てながら、すばやく!

 

 

 

 

 

 

 

 

 3)時間をおかず、すぐに3つめのポットに注ぎ入れます。

   のんびりしているとどんどん氷がとけてしまうので、

   急いで入れましょう!

   入れたら、スプーンでステアします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 4)お客様にお出ししているのは、この3つめのポットです。

   ほとんど薄くならず、澄み切ったアイスティーになっています。

   ちなみにこれはスペアミントティーです。

   夏の終わりにぴったりの、さっぱり爽やかなお茶なので是非どうぞ!

   

 

 ここでは同じポットを3つ使っていますが、もちろん容器は何でもいいです。

 (シフルでも、初めは大きいコップで作っていたりしました)

 

 「ここまでするのはめんどくさいわー泣き」という人は、

  水出しのアイスティーにするのも、手軽でおいしいと思います!

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM